FavoriteLoadingお気に入りに追加

KDDI Web Communications が運営しているレンタルサーバ「CPI」の共用レンタルサーバ「ACE01」でPHPを利用する際に毎回開いているページ。.htaccessでPHPのバージョンを指定できる。

WordPressやconcrete5だと更にオプションの「Options +SymLinksIfOwnerMatch」も記載があったほうが色々と捗る。

CPIを使う場合の、.htaccessのサンプル(私がしている設定)は以下の通り。

x-httpd-php70の部分は、このページを見て適宜変更すること。

aaXXXXXXXXの部分は、サーバ情報により適宜変更すること。

PHP7怖い。という方は、AddHandler x-httpd-php5630 .phpと変更するとPHP5.6.30で動作する。

CPIでPHPを利用するための.htaccessのサンプル

AddHandler x-httpd-php70 .php
suPHP_ConfigPath /home/aa155bu9po/html/
Options +SymLinksIfOwnerMatch
<FilesMatch "^(\.htaccess|\.htpasswd|php\.ini|.*\.sql|.*\.log|.*\.cron|.*\.inc|.*\.phps|.*\.yml)$">
 Deny from all
</FilesMatch>
PHPのご利用について | レンタルサーバのCPIでPHP(WordPress等のCMS)を利用する際の設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です