【Windows】右クリックメニュー[送る]の活用方法、追加・設定方法(SendToディレクトリの場所一覧)

意外と使ってない!?右クリックメニューの[送る]とは。その活用方法。

Windowsユーザーの皆様、デスクトップ画面やエクスプローラー画面でファイルやフォルダを右クリックした時に表示される[送る(N)]というメニューをご存知ですか?

こんなやつ↓

WindowsのSendToイメージ

このメニューを駆使することで、ZIPファイルをサクッと作ったり、画像をリサイズしたり、HTMLファイルを直接テキストエディタで編集したり出来るので私は大変重宝しています。

意外と利用されていない方も多そうなのと、毎回、新しいパソコンの初期設定する際に[送る]メニューの設定場所(SendToフォルダの場所)を探してしまうので、とりあえず記事にしてみました。

お役に立てば幸いです。

[送る]の活用方法

右クリックメニューの[送る]には以下のような設定をして業務の効率化を図っています。

偉そうに書いてますが一般的な使い方しか出来ていないので、他にもこうやって活用できるんだぜ!などあればぜひコメントで教えて下さい!

写真や画像の保存サイズをサクッと小さくする

画像の大きさやサイズを縮小するソフト「縮小専用」(通称:縮専)を愛用しています。

しかし、一つの写真を小さくしたいがために毎回、縮専を立ち上げるのも面倒です。

その面倒を回避するために、右クリックメニュー[送る]に縮小専用を登録して、写真・画像をサクッとリサイズしています。

縮小専用(縮専)でサクッとリサイズ
右クリック→送る→ShukuSenでサクッとリサイズ出来る。

普段はブラウザで表示させたいけど、たまにテキストエディタで開きたいファイルを開く

index.html等のHTMLファイルは基本的にブラウザで表示させたいのですが、ソースコード編集するときなどはテキストエディタで開きたい場合があります。

そういった時に、テキストエディタを立ち上げてからドラッグ&ドロップで編集対象のファイルを開くのは面倒です。

右クリックメニュー[送る]にテキストエディタを登録することでサクッと編集画面を立ち上げられます。

HTMLをサクラエディタでさくっと開く
HTMLをサクラエディタでさくっと開く

すぐ出来る[送る]メニューの設定方法

どうやって[送る(N)]メニューに登録するのかをご紹介します。非常に簡単です。

SendToというディレクトリに表示させたいアプリケーションのショートカットを配置してあげるだけです。

具体的な設定方法は以下のとおりです。

[送る]メニューの設定場所(SendToディレクトリのパス)を調べる

キーボードで、Windowsキー+Rを押して[ファイル名を指定して実行]を立ち上げます。

名前の部分に以下を入力します。

ファイル名を指定して実行「shell:sendto」

OKをクリックするとSendToフォルダが表示されます。

上記でフォルダが表示されない場合は、記事末のSendToディレクトリのパス一覧表を御覧ください。

ショートカットを配置する

SendToディレクトリに、必要なアプリケーションのショートカットを配置します。

これで、[送る(N)]メニューに該当のアプリケーションが表示されるようになりました。

SendToにアプリケーションのショートカットを配置

Windowsバージョン別 SendToディレクトリのパス一覧表

ユーザー名には自分のユーザ名を当てはめてください。

例:ユーザー名 takashi でWindows 10の場合のSendToのパス
C:\Users\takashi\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo\

※ 古いOSのSendToディレクトリのパスは様々なウェブサイトを参照して以下の表を作成しました。誤りがあればコメントでご報告ください。

Windows 10のSendToの場所

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo\

Windows 8 (Windows 8.1)のSendToの場所

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo\

Windows 7のSendToの場所

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo\

Windows VistaのSendToの場所

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo\

Windows 2000のSendToの場所

C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\SendTo\

Windows XPのSendToの場所

C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\SendTo\

Windows NT4.0のSendToの場所

C:\WINNT\Profiles\[ユーザー名]\SendTo\

Windows MeのSendToの場所

C:\WINDOWS\SendTo\

Windows 98のSendToの場所

C:\Windows\SendTo\

Windows 95のSendToの場所

C:\Windows\SendTo\

まとめ

いかがでしたでしょうか?送るメニュー役に立ちそうですか?

作業効率化に貢献できると嬉しいです。

 

しかし、shell:sendto でSendToディレクトリが表示されるようになったのはいつからだろうなぁ。



[IDE] Eclipse 4.7(OXYGEN)のインストール手順と日本語化

Aptanaのアップデートが止まっている!
新しいIDEを探そう!

私は以前からAptana(Aptana Studio 3)を愛用しているのですが、2014年頃から新しいバージョンがリリースされず。

このまま使い続けるのもいいのですが、他のIDE(統合開発環境)を模索しても良い頃かと思い、AptanaのベースともなっているEclipseをインストールしてみました。

2017年の6月末にEclipseのバージョン4.7(コードネームをOXYGEN(酸素))がリリースされており変わらず活発にアップデートがされているようです。

今回はWindows 10(64bit)でEclipseをインストールする手順をまとめてみました。

日本語化についても簡単に触れていますが不足部分はググってくださいませ。

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページへアクセス

https://www.eclipse.org/downloads/

ダウンロードボタンをクリック。

もう一度ダウンロードボタンをクリック

ダウンロードが開始される。

 

お金に余裕のある方は、ダウンロード中の画面に表示される寄付を検討してみてくださいませ。

インストール

ダウンロードしてきた、「eclipse-inst-win64.exe」をダブルクリックしてインストール操作を行います。

Eclipse IDE for JavaScript and Web Developersを選択

Eclipse IDE for JavaScript and Web Developersを選択

インストールパスを指定

インストールパスを指定

利用規約に同意

よく内容を読み、Accept Nowをクリック。

利用規約に同意

インストール完了まで待つ

Eclipseのインストール中

インストール完了したらEclipseを起動

インストール完了 Eclipseの起動

おおぉ!Eclipse!

Eclipseのスプライト画面

ワークスペースディレクトリを指定

ワークスペースを指定

Eclipseが無事に起動しました

Eclipse無事に起動

日本語化

Eclipseの日本語化といえば、Pleiades (プレアデス)。

公式サイトよりPleiadesのプラグインをダウンロード

Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン
http://mergedoc.osdn.jp/

Eclipseの日本語化

日本語化の設定

詳しくはreadme_pleiades.txtを参照ください。

readme_pleiades.txtより、設定方法部分だけ以下に抜粋します。

1. pleiades_x.x.x.zip を解凍し、plugins、features ディレクトリーを <ECLIPSE_HOME> ディレクトリーに
コピー。(<ECLIPSE_HOME> は Eclipse デフォルトの plugins や features があるディレクトリー)

2. eclipse.ini の最終行に以下の 2 行を追加。Xverify は Eclipse 4.4 以降で必須で、これを指定しないと
起動できなかったり、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。
Windows 以外の場合は後述の Eclipse 起動オプション参照してください。

-Xverify:none
-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

3. Pleiades スプラッシュ画像を使う場合は
eclipse.ini の -showsplash org.eclipse.platform (実際は 2 行) を削除。

最低限1と2だけ行えばEclipseが日本語化されます。

まとめ

以前Javaでプログラムをしていた頃と比べるとロゴがおしゃれになっていたり、Eclipse Marketplace が出来ていたりと色々なアップデートが加えられているようです。

Eclipseを試してみつつ、IDE探しの旅引き続き行ってまいります。



パワポ最高!ビジネスで使えるプレゼンや提案資料用のPowerPointテンプレート[無料]を作りました!

仕事で使えるシンプルなPowerPointテンプレートを作りました


パワーポイントはダサい。

パワーポイントは使いづらい。

やっぱKeynoteっしょ。


そう思っていた時期が私にもありました。

しかし、今まで何十回とプレゼンテーションを作り、発表を行ってきた結果、「ダサいのはデフォルトテンプレートを使っているからだ」という結論にたどり着きました。

今回、プレゼンや提案に使えて、そのまま配布資料としてA4で印刷も出来る、”シュッ”としたパワーポイントのテンプレートを作ったのでご紹介します。

PowerPointテンプレートのイメージ

どんなものかは、見てもらえれば早いと思いますので以下にキャプチャを貼りました。

縦横比は画面サイズではなく、A4サイズの縦横比になっています。

プロジェクターで表示した際には左右に余白が出来ますが、印刷をする際には完璧な印刷が可能です。

また、デフォルトフォントに游ゴシックを採用しているので、游ゴシックのインストールされているパソコンであれば、フォントだけでもそれっぽく見えます。

パワーポイントサンプルテンプレートの表紙
A4サイズで印刷出来るパワポスライドの表紙イメージ
パワーポイントサンプルテンプレートのセクション見出しページ
パワーポイントサンプルテンプレートのセクション見出しページ
パワーポイントサンプルテンプレートのコンテンツページ
パワーポイントサンプルテンプレートのコンテンツページ

全体をスライドシェアにアップしました。

PowerPointテンプレートダウンロード

ダウンロード

powerpoint-template.pptx

ちょっと試しに使ってみようという奇特な方がいればどうぞご利用ください。

念の為の注意ですが、このファイルにより起こった、いかなる障害・損失などについて、私は責任を負いませんので、自己責任でご活用くださいね。

GitHubからダウンロード

GitHubからは、サンプルデータも含めてダウンロード出来ます。

https://github.com/onocom/powerpoint-template

ライセンス

MIT license

GitHub格納されているデータ

powerpoint-template.pptx

これがテンプレート本体です。

powerpoint-template-sample.pptx と powerpoint-template-sample.pdf

テンプレートを使ってスライドを作るとこうなるよ~。ということを確認出来ます。

使い方

フッターのコピーライトの記述を変更して頂き、以降は基本的にそのまま使ってもらえれば良いかと思います。

フッターのコピーライトを変更する方法

  1. powerpoint-template.pptx を開き、2シート目を選択
  2. 挿入タブの「ヘッダーとフッター」を選択
  3. フッターの「Copyright © SAMPLE COMPANY All Rights Reserved.」となっている部分をご利用環境に合わせて書き換える。

プレゼンテーションスライドのフッターを変更する

デザインがシンプル過ぎる?!

えっ。めっちゃシンプル過ぎない?と思われた方いますか?

そうです。めっちゃシンプルです。

印刷した時に無駄なインクを使わない為。

というのも理由の一つですが、一番の理由は、


『提案相手に提案内容を確実に届けるため』


にこんなシンプルなデザインにしてあります。

あと、私がデザインが苦手ということもあります(笑)

無駄で華美な装飾は、提案内容を曇らせる

参考までに以下にパワーポイントに最初から定義されているテンプレートを使ったプレゼンテーションの表紙を作ってみました。

ザッ!パワーポイント!という感じの表紙スライドですね。

このスライドで伝えたいことは、「提案書のタイトルと提案日だけ」です。

しかし、パッとこのスライドを見せられたら、背景の謎のタイルが提案書の内容を邪推させてしまいます。


なんか陽気な内容の提案かな。
ゴチャゴチャしている提案かな。


という事を提案を受けた側は感じてしまうのではないでしょうか?

 

意図して「陽気なスライドにして気分をアゲアゲなプレゼンがしたい」ということであれば全く問題ないのです。

しかし、そんな意図を持ってこのテンプレートを選んでいる人ほとんどいないですよね。

なんとなくこのテンプレートにしよう。

と思って使っていませんか?

その結果、本来届けたい内容を届けられなかったら、せっかくの努力が無駄になってしまいます。

それを避けるためにも、私はいつも極力シンプルなスライドや資料になるように努めています。

まとめ

超個人的なパワーポイントのオリジナルテンプレートですが、私個人はこのテンプレートを重宝しています(実際はもうちょっとマニアックなカスタマイズをしていますが、そこは個人的すぎるので今回省いています)。

パワーポイントと聞くと、プレゼンテーションだけのもの。と捉えられがちですが、操作方法の説明資料を作るときなどに、このパワーポイントテンプレートを使って、ペラ1枚の資料を作って渡したりしています。

デフォルトのテンプレートしか使った事がない!という方、ダメ元だと思って利用してもられると嬉しいです!

フィードバックをコメントしてもらえると尚嬉しいです!

余談 – パワーポイントで動画が作れる

実はパワーポイントって結構万能な事をご存知でしょうか。

作った資料をPDFに書き出しして配布出来るのは当たり前かもしれませんが、パワポで動画や画像も作れたりします。

デジタルサイネージ広告を作るのにもパワーポイントが結構活用されているとか。

興味を持った方はぜひ調べてみてくださいね。

 



【動画付き操作方法】複数に分かれたファイルを1つにまとめて圧縮する方法。まとめたファイルをファイル便(無料の大容量ファイル転送サービス)で送る方法。(Windows/Mac)

大容量の写真をメールで送りたい!沢山のファイルを纏めて送りたい!という方へ

写真ファイルなどのファイルサイズの大きなファイルをやり取りする時に、メールに添付してしまうと容量オーバーで送れない場合があります。また、ファイル数が多いと尚大変です。

そういったときのために、

1:複数ファイルを圧縮して1つにまとめる方法

2:圧縮したファイルをファイル便、大容量ファイル転送サービスで送る方法

を動画付きでご紹介します。

Windowsで操作をしていますが、「圧縮してひとつに纏めて送る。」という基本的な考え方はMacでも同様です。

1:複数ファイルを圧縮して1つにまとめる方法

複数のファイルサイズの大きいファイルをひとつに纏めて圧縮する方法は以下のとおりです。

手順

  1. フォルダを作成する
  2. フォルダに圧縮したいデータを入れる
  3. フォルダを右クリックする
  4. 右クリックメニューの「送る」から「圧縮( zip形式 )フォルダー」を選択
  5. 圧縮ファイルが出来上がります

2:圧縮したファイルをファイル便、大容量ファイル転送サービスで送る方法

宅ふぁいる便というサービスを利用してファイルを一旦オンラインにアップロードします。(宅ふぁいる便だと300MBまで無料で送ることが出来ます。)

アップロードするとダウンロード用のURLが発行されますので、そちらをコピーしてメールやサイボウズLive、チャットワーク等に貼り付けて共有します。

手順(300MB以内のファイルを送る場合)

300MB以内の場合は宅ふぁいる便というサービスが使いやすいです。

  1. 宅ふぁいる便のアップロード用URLにアクセスする
    https://free.filesend.to/fileup_free
  2. 圧縮したファイルをドラッグ&ドロップで放り込む
  3. 「著作権侵害や違法なファイル等ではありません」にチェックを入れる
  4. 「アップロード内容を確認する」ボタンをクリックしてファイルをアップロードする
  5. ダウンロードURLをコピーして、メールやサイボウズLiveで送信します。

手順(300MB以上のファイルを送る場合)

300MBを超える物凄く大きなファイルを送りたい場合は、ギガファイル便というサービスを利用します。

  1. 宅ふぁいる便のアップロード用URLにアクセスする
    http://gigafile.nu/
  2. 圧縮したファイルをドラッグ&ドロップで放り込む
  3. ダウンロードURLが発行されるので、URLをコピーして、メールやサイボウズLiveで送信します。

まとめ

最近はGoogleDriveやDropboxといったサービスでやり取りすることも増えてきましたが、クライアントさんによってはそういうサービスを利用していない方も多いので、ファイル送信サービスをご紹介しました。

ご参考になれば幸いです。



【Adobe Photoshop CC 2017】カラーピッカーが壊れた・おかしい!いつもと違う!Windows標準のカラーピッカーだ!という時の解決方法

突然Photoshopのカラーピッカーが壊れた!?
何をやってもWindows標準のカラーピッカーが表示される!!

なぜだ!Photoshopのカラーピッカー(色を選択する画面)が突然、壊れた!

なぜかWindows標準のカラーピッカーになってる!ワークスペースを変更しても駄目で、再起動しても駄目。

検索しても出てこなかった(検索ワードが思いつかなかった)のでメモ。

環境設定をいつの間にか触っていたのが原因でした。(情けない)

表示されたWindowsのカラーピッカー

Window標準のカラーピッカー

WordとかExcelでたまに見るようなやつ。いつの間にこんな設定になったんや!記憶にない(泣)

16進数のRGBが表示されないし、作業が進まぬ。

【解決策】環境設定を確認・変更しよう

この問題を解決するには、環境設定を確認します。

メニューバー > 編集 > 環境設定 > 一般 を選択して環境設定ウィンドウを開きます。

環境設定

環境設定ウィンドウの【カラーピッカー】という項目が「Windows」になっていました!いつの間に!!!

これを選択して「Adobe」に変更するだけです。

 

環境設定

これでカラーピッカーがWindows標準の味気ないカラーピッカーから、Adobeのカラーピッカーに戻りました。

やったー!

Adobe カラーピッカー

まとめ

ワークスペースの変更やらPhotoshopの再起動など色々試して時間を浪費してしまいました。意外とすんなり解決してスッキリ。

きっと他の設定をした時に気づかずに変更してしまったのだと思います。

勉強になりました。