CodeIgniter 3でURLに付加されるindex.phpを外したい(取り除きたい)

結論

ブログに書いていたら長々としてしまったので、結論から。

以下の2つの対応をすることでindex.phpを外すことが出来ます。

1:.htaccessを追加する

index.php と同じ階層に.htaccssを追加して、以下を記述する。

RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule ^(.*)$ index.php/$1 [L]

2:application/config.phpを編集する

$config[‘index_page’] = ‘index.php’;

となっている箇所を

$config[‘index_page’] = ”;

に変更する。

CodeIgniter 3でウェブアプリケーションを構築すると、URLにindex.phpが付いてしまう

http://example.com/index.php/hogehoge/

CodeIgniterではデフォルトで上記のようなURLを用いてルーティング(必要なコントローラ呼び出し)がされるようになっているようです。

今回の記事はこのURLの中の

index.php

を取り除く為の方法を紹介します。

毎回CodeIgniterの初期設定としてこの作業をせねばならぬだろうと思い、備忘録をかねての投稿です。

困ったときのCodeIgniterユーザガイド

以下にて解説されておりました。素晴らしい。

CodeIgniter の URL – index.phpファイルを外す
http://codeigniter.jp/user_guide/3/general/urls.html#index-php

要は、.htaccessで以下のように書いてあげると良いよ。ということでございました。

RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule ^(.*)$ index.php/$1 [L]

よっしゃ出来た!と思ったら、意外な落とし穴が…

form_openなどを呼び出すと依然として付加されてしまうindex.php!!!

よしよし、と思いながらチュートリアル「ニュース記事を作成」を行っていた時の事、form_openで出力されるURLになぜかindex.phpが付いてしまうということを発見。

ニュース記事を作成 – フォームを作成する
http://codeigniter.jp/user_guide/3/tutorial/create_news_items.html

form_open関数の出力

<form action=”http://localhost/index.php/news/create” method=”post” accept-charset=”utf-8″>

これは、.htaccss以外にも修正箇所があるのではないかと思い、探って見ました。

application/config.phpの修正が必要だった

application/config.phpを見ていた所、それっぽい設定箇所が38行目にありました。

英語の説明文をGoogle翻訳するとこんな感じの事が書いてあるようです。

通常、これはindex.phpファイルになります。ただし、別の名前に変更している場合を除きます。
mod_rewriteを使用してページを削除する場合は、この変数を空白に設定します。

なるほどmod_rewriteを使用してindex.phpを削除している場合はここを空白にせよ。と。
ということで、この設定箇所からindex.phpを外したらform_openでも表示されなくなりました。

$config[‘index_page’] = ”;

感想

CodeIgniter 3の初心者から抜け出せないまま時が経ってしまった。

長期スパンで学んで行くためにも基本的な部分はこれからもブログにしていこうと思いました。

CodeIgniter 3入門(インストールから設定まで)

CodeIgniterのことを勉強したのでメモ。日本語サイトにCodeIgniter Ver.2のユーザガイドがあったのですがCodeIgniter Ver.3のユーザガイドの日本語版が無く、辞書とにらめっこしながら進めました。

間違い等あればご指摘くださいませ。

これからCodeIgniterを学ぶ方のお役に立てれば幸いです。

2016年2月23日追記
kenjis様より日本語ユーザガイドのURLをコメント頂きました。
現在翻訳中とのことです。ありがとうございます。

日本語ユーザガイド
http://codeigniter-jp.github.io/user_guide_src_ja/

2017/01/26 URLが変更されていました。以下が日本語ユーザガイドになります。

http://codeigniter.jp/user_guide/3/

CodeIgniterとは

PHP言語のフレームワークです。

フレームワークとはよく使う処理のお道具箱みたいなもので、フレームワークを使うことによりプログラムの開発効率を上げることができます。

CodeIgniterの読み方

ウィキペディアによると、「コードイグナイター」と読むそうです。なるほど。

CodeIgniter 3の動作要件

CodeIgniter 3を動作させるにはPHP version 5.4 以上が必要です。

以下のデータベース(バージョン)に対応しています。

  • MySQL (5.1+) via the mysql (deprecated), mysqli and pdo drivers
  • Oracle via the oci8 and pdo drivers
  • PostgreSQL via the postgre and pdo drivers
  • MS SQL via the mssql, sqlsrv (version 2005 and above only) and pdo drivers
  • SQLite via the sqlite (version 2), sqlite3 (version 3) and pdo drivers
  • CUBRID via the cubrid and pdo drivers
  • Interbase/Firebird via the ibase and pdo drivers
  • ODBC via the odbc and pdo drivers (you should know that ODBC is actually an abstraction layer)

参照
http://www.codeigniter.com/user_guide/general/requirements.html

CodeIgniter 3のライセンス

MITライセンスです。

The MIT License (MIT)

参照
http://www.codeigniter.com/user_guide/license.html

ちなみに、CodeIgniter 3.0からMITライセンスになったようで、2.xまでは独自のCodeIgniterライセンスというライセンスを採用していたようです。

 

CodeIgniter 3のインストール

CodeIgniterのダウンロード

CodeIgniterの公式サイトからダウンロードしましょう!執筆時、Version 3.0.4が最新バージョンでした。

https://codeigniter.com/

キャプチャ.JPG
公式サイトトップページのDownloadからCodeIgniter Version 3をダウンロード

アーカイブを展開

ダウンロードしたアーカイブを展開します。

ファイルをアップロード

「展開したファイルをサーバ上にアップロードします。」とサラッとCodeIgniterの公式に書いてあるのですが、以下の画面キャプチャで選択してあるファイルだけで問題ないかと思います。

キャプチャ.JPG
application sysytem index.php license.txt のみのアップロードで大丈夫っぽい

CodeIgniter 3の設定

基本設定ファイル(config.php)を編集する

application/config/config.php

を開き”base_url”の設定をします。

$config[‘base_url’] = ‘http://example.com/’;

基本設定ファイル(config.php)を忘れずにサーバにアップロードしましょう!

とりあえず表示確認してみよう

ブラウザで、サイトを表示してみましょう!以下のように表示されていれば設置成功です。

無題.png

データベース設定ファイル(database.php)を編集する

設置が確認できたら更に設定を行っていきます。データベース使わない場合などはこの項目の作業は不要かと思います。

application/config/database.php

を開き以下を変更します。

全ての設定が必要というわけではなく、必要な部分だけ設定します。

設定する主な項目

hostname: データベースサーバのホスト名
username: データベースのユーザ名
password: データベースのパスワード
database: データベース名
dbdriver:データベースのタイプ(mysqli(MySQLの場合), postgre(PostgreSQLの場合))

参考
http://www.codeigniter.com/user_guide/database/configuration.html

.htaccess を設定する

CodeIgniterの初期設定では、以下のように index.php が含まれたURL構造になってしまいます。

これを回避するために.htaccessファイルを作成して以下のように記述します。

作成した.htaccessファイルは忘れずにサーバにアップロードしましょう。license.txtと同じ位置に置くと良いでしょう!

参考
http://www.codeigniter.com/user_guide/general/urls.html#removing-the-index-php-file

感想

いろんなフレームワークがありますが、かなり簡単に設置出来るのがGood!

(2.x系は豊富だけど)日本語のドキュメントが少ないのでGoogle翻訳を駆使して理解していく必要がありそうです。