パワポ最高!ビジネスで使えるプレゼンや提案資料用のPowerPointテンプレート[無料]を作りました!

仕事で使えるシンプルなPowerPointテンプレートを作りました


パワーポイントはダサい。

パワーポイントは使いづらい。

やっぱKeynoteっしょ。


そう思っていた時期が私にもありました。

しかし、今まで何十回とプレゼンテーションを作り、発表を行ってきた結果、「ダサいのはデフォルトテンプレートを使っているからだ」という結論にたどり着きました。

今回、プレゼンや提案に使えて、そのまま配布資料としてA4で印刷も出来る、”シュッ”としたパワーポイントのテンプレートを作ったのでご紹介します。

PowerPointテンプレートのイメージ

どんなものかは、見てもらえれば早いと思いますので以下にキャプチャを貼りました。

縦横比は画面サイズではなく、A4サイズの縦横比になっています。

プロジェクターで表示した際には左右に余白が出来ますが、印刷をする際には完璧な印刷が可能です。

また、デフォルトフォントに游ゴシックを採用しているので、游ゴシックのインストールされているパソコンであれば、フォントだけでもそれっぽく見えます。

パワーポイントサンプルテンプレートの表紙
A4サイズで印刷出来るパワポスライドの表紙イメージ
パワーポイントサンプルテンプレートのセクション見出しページ
パワーポイントサンプルテンプレートのセクション見出しページ
パワーポイントサンプルテンプレートのコンテンツページ
パワーポイントサンプルテンプレートのコンテンツページ

全体をスライドシェアにアップしました。

PowerPointテンプレートダウンロード

ダウンロード

powerpoint-template.pptx

ちょっと試しに使ってみようという奇特な方がいればどうぞご利用ください。

念の為の注意ですが、このファイルにより起こった、いかなる障害・損失などについて、私は責任を負いませんので、自己責任でご活用くださいね。

GitHubからダウンロード

GitHubからは、サンプルデータも含めてダウンロード出来ます。

https://github.com/onocom/powerpoint-template

ライセンス

MIT license

GitHub格納されているデータ

powerpoint-template.pptx

これがテンプレート本体です。

powerpoint-template-sample.pptx と powerpoint-template-sample.pdf

テンプレートを使ってスライドを作るとこうなるよ~。ということを確認出来ます。

使い方

フッターのコピーライトの記述を変更して頂き、以降は基本的にそのまま使ってもらえれば良いかと思います。

フッターのコピーライトを変更する方法

  1. powerpoint-template.pptx を開き、2シート目を選択
  2. 挿入タブの「ヘッダーとフッター」を選択
  3. フッターの「Copyright © SAMPLE COMPANY All Rights Reserved.」となっている部分をご利用環境に合わせて書き換える。

プレゼンテーションスライドのフッターを変更する

デザインがシンプル過ぎる?!

えっ。めっちゃシンプル過ぎない?と思われた方いますか?

そうです。めっちゃシンプルです。

印刷した時に無駄なインクを使わない為。

というのも理由の一つですが、一番の理由は、


『提案相手に提案内容を確実に届けるため』


にこんなシンプルなデザインにしてあります。

あと、私がデザインが苦手ということもあります(笑)

無駄で華美な装飾は、提案内容を曇らせる

参考までに以下にパワーポイントに最初から定義されているテンプレートを使ったプレゼンテーションの表紙を作ってみました。

ザッ!パワーポイント!という感じの表紙スライドですね。

このスライドで伝えたいことは、「提案書のタイトルと提案日だけ」です。

しかし、パッとこのスライドを見せられたら、背景の謎のタイルが提案書の内容を邪推させてしまいます。


なんか陽気な内容の提案かな。
ゴチャゴチャしている提案かな。


という事を提案を受けた側は感じてしまうのではないでしょうか?

 

意図して「陽気なスライドにして気分をアゲアゲなプレゼンがしたい」ということであれば全く問題ないのです。

しかし、そんな意図を持ってこのテンプレートを選んでいる人ほとんどいないですよね。

なんとなくこのテンプレートにしよう。

と思って使っていませんか?

その結果、本来届けたい内容を届けられなかったら、せっかくの努力が無駄になってしまいます。

それを避けるためにも、私はいつも極力シンプルなスライドや資料になるように努めています。

まとめ

超個人的なパワーポイントのオリジナルテンプレートですが、私個人はこのテンプレートを重宝しています(実際はもうちょっとマニアックなカスタマイズをしていますが、そこは個人的すぎるので今回省いています)。

パワーポイントと聞くと、プレゼンテーションだけのもの。と捉えられがちですが、操作方法の説明資料を作るときなどに、このパワーポイントテンプレートを使って、ペラ1枚の資料を作って渡したりしています。

デフォルトのテンプレートしか使った事がない!という方、ダメ元だと思って利用してもられると嬉しいです!

フィードバックをコメントしてもらえると尚嬉しいです!

余談 – パワーポイントで動画が作れる

実はパワーポイントって結構万能な事をご存知でしょうか。

作った資料をPDFに書き出しして配布出来るのは当たり前かもしれませんが、パワポで動画や画像も作れたりします。

デジタルサイネージ広告を作るのにもパワーポイントが結構活用されているとか。

興味を持った方はぜひ調べてみてくださいね。

 



【Office】Excelでプロジェクト管理(工程・実績管理・スケジュール管理)するためのガントチャート・テンプレートを作りました。

Excel 2013 Ganttchart

2017年3月9日変更
ガントチャートをGithubからダウンロードする方法が分からない。というお声を頂いたので、直接ダウンロード出来るようにダウンロードURLを変更致しました。

エクセルで工程管理・実績管理・スケジュール管理するためのガントチャートを作りました。

二番煎じどころではないくらいに多くの方が同じようなExcelファイルを作られております。
ただ、アドインが必要だったり、カスタマイズがしづらかったので、オレオレExcelガントチャートを作るに至りました。
制作にかかった時間は1時間ほど。Excel便利だなぁと改めて感じた次第です。

ダウンロード

excel_ganttchart.xlsx

すごい便利そう!使ってみたい!という方は多くないと思いますが、もしそんな方がいれば自由に使ってください。もちろんこのテンプレートは無料です!
念の為、このファイルにより起こった、いかなる障害・損失などについて、私は責任を負いませんので、自己責任でご活用くださいね。
改善して欲しい事があればコメント頂ければ改善するかもしれません。しないかもしれません。

ライセンス

MIT license
(そもそもエクセルファイルにMITライセンスって適用できるのか?むずい。好きに使ってくれい。)
Github:https://github.com/onocom/excel-gantt-chart

使い方

ダウンロードして開きます。

B列(内容):プロジェクトタイトルを入れます。(自動でその行の背景が青色に変わります。)
C列(内容):プロジェクトの作業を入れます。
G列(開始予定日):プロジェクトの開始予定日を入れます。
H列(終了予定日):プロジェクトの終了予定日を入れます。
I列(開始実績日):プロジェクトの開始実績日を入れます。
J列(終了実績日):プロジェクトの終了実績日を入れます。
K列(進捗率):プロジェクトの進捗率を入れます。(自動でその行の背景が灰色に変わります。)
J列(担当):プロジェクトの担当者を入れます。
A列(背景):何か値を入れるとその行がハイライトされます。

行・列が足りない時は隣接する行・列をコピーしてご利用ください。

制作環境

Microsoft Office 365の「Microsoft Excel 2013」で制作しました。
古いバージョン等は動作確認していませんので動くかは分かりかねます。

今更なんでエクセルなのか?

クラウドのプロジェクト管理ツールが増えてきた昨今、なぜエクセルで作ったのか。
理由は以下のとおり。

1. エクセルは皆が使える(学習コスト低)
2. エクセルは皆のパソコンに入っている(導入コスト低)
3. エクセルはカスタマイズがしやすい(運用コスト低)

本音は、クラウドサービスを使いたかったけど、皆で使うことを想定してExcelに落ち着きました。

まとめ

久しぶりに条件付き書式をゴリゴリ使いました。Excel便利。