【Adobe Illustrator CC 2017】「山路を登りながら」文字ツールで文字を書こうとすると冒頭の文字列が表示されるのを解除・無効化する方法

Adobe Illustrator CC 2017 からだと思われますが、文字ツールで文字や文章を入れようとすると、テキストボックスに「山路を登りながら~~~」という文字列が勝手に表示される様になって戸惑ったのでメモ。

解決策は、以下のIllustratorコミュニティフォーラム(Japan)に載っていました。

■文字ツール | Adobe Community – Adobe Forums
https://forums.adobe.com/thread/2230793

これを元に自分でも調べて自動表示を解除してみました。

山路を登りながら?

フォーラムの回答にもあるように夏目漱石の草枕というお話の一節のようです。

全文は青空文庫で読めます。青空文庫すごい!

夏目漱石 草枕 – 青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/776_14941.html

ちなみに文字ツールでテキストエリアを大きめに作ると、上記以外にも謎の詩が表示されました。

文字化けしやすい文字とかを意図的に入れている感じでしょうか。「死」とか入ってて意味不明な文字列に狂気を感じますね。

詩が生れて、 山路を登りながら、智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、画が出来る。意地を通せば窮屈だ。
宇るおうレ荻都トで田歓字止死び情土せくほ瀬年ラスセ更旧ぴ告別え話俳キシロメ転試ゆごえ社58鮮申判悪しうやク。92雄フながる戦高クふー推相サメ報切ケヲツ甲国メナスヒ書面手イ案問タヤレ払可全シノ声百52発ワスミ梗哲岐ほぴ長初業ざす割残四登クる。 強ねぽず悪策ロヨヘノ厳右コクチ行小ぞぎ択断の海14模っ演2村るつほク試味ノシケユ賞材シヘ現入ニロ毎探法ぜべょあ児票徳乏咋よえ。こう考えた。とかくに人の世は住みにくい。

サンプルテキストが勝手に表示されるのを解除してみた

解除は非常に簡単でした。

イラストレータを開き以下のメニューで「テキスト」の環境設定を開きます。

編集(E) → 環境設定(N) → テキスト(T)…

開いた環境設定ダイアログボックスの一番下にある

「新規テキストオブジェクトにサンプルテキストを割り付け」

という部分のチェックを外して「OK」をクリックするだけです。

dialog.png

私はWindows版のイラレを使っていますが、Mac版のイラレでも多分同じ操作で解消するかと。

治った!夏目漱石表示されなくなった!

これでAdobe Illustrator CC 2015の時と同じようにサンプルテキストを表示しなくなりました。

でも場合によってはこの機能をオンにした方が作業しやすいかもと思ったり。今後使い分けていきたいです。

他にも新機能が沢山追加されているようなので色々と触って遊んでみよう。

Adobe Illustrator CC 2017の新機能はこちら↓

Adobe Illustrator 2017 リリースの新機能の概要…
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/whats-new.html

では!

【DB】CPIの共用レンタルサーバ[ シェアードプラン ACE01 ]でデータベースの初期パスワードを変更する方法

ace01.PNG

個人的にCPIの共用レンタルサーバ シェアードプラン ACE01 をよく使います。というかほとんどCPIの共用レンタルサーバ シェアードプラン ACE01です。

30世代ものバックアップ機能(DBは10世代)やスマートリリース機能、マルチドメイン・サーバ容量無制限など個人的には神レンタルサーバだと思っています。

WAFなどの機能がドンドン充実していくのも素敵。

CPIを上げまくってから言うのはナンですが、マニュアルは微妙に整備されていないのでロリポップ感覚で使うと最初は戸惑うと思います。

今回紹介するデータベースの初期パスワード設定についてもマニュアルには書かれていないようでしたので記事にしてみました。

サーバ設定の通知がCPIから届くと、毎回以下のように書いてあるのですが、その割にはデータベースのパスワードを変更する方法がマニュアルに載ってないんだよなぁ。

※ 初期パスワードはセキュリティ保護のため必ず変更してください。

ちなみにオンラインヘルプのデータベースに関するページはここ↓

http://acesr.doc.secure.ne.jp/tools/db/

もし私がマニュアルの場所を知らないだけで、ココに書いてあったよ。というのがあれば教えて下さいm(_ _)m

今回、phpMyAdminからデータベースのパスワードを変更する方法と、SSHでアクセスしてデータベースのパスワードを変更する方法の2通りをご紹介します。

phpMyAdminを使用してデータベースパスワード変更する場合

conpane.PNG

CPIのコントロールパネルからMySQL5.5管理画面リンクをクリックして、phpMyAdmin画面に移動します。

phpmyadmin.PNG

CPIから届いているユーザ名とパスワードでログインします。

phpmyadmin2.PNG

左側からaaXXXXXXXXを選択します。XXXXXXXX部分は各自値が違うはずです。おそらくログインユーザ名と同じだと思います。

sql.PNG

表示された画面のタブから「SQL」を選択します。

change_db_password.PNG

テキストエリアに以下を入力します。
ココに新しいパスワードと書かれた部分に、新しく設定したいパスワードを記述します。

実行するをクリックします。

ok.png

SQL は正常に実行されました (クエリの実行時間 0.0006 秒)

と表示されればパスワード変更は完了です。

SSHを使用してデータベースパスワード変更する場合

SSHで対象のサーバに接続して以下のコマンドを入力していきます。
SSHの接続方法は省き、接続してからのコマンドだけを記載します。

以上でCPIから指定された初期パスワードから指定したパスワードへ変更ができます。

まとめ

phpMyAdminを使えばコマンドラインが苦手な人でも簡単に変更できますので、ぜひチャレンジしてみてください!

CodeIgniter 3入門(インストールから設定まで)

CodeIgniterのことを勉強したのでメモ。日本語サイトにCodeIgniter Ver.2のユーザガイドがあったのですがCodeIgniter Ver.3のユーザガイドの日本語版が無く、辞書とにらめっこしながら進めました。

間違い等あればご指摘くださいませ。

これからCodeIgniterを学ぶ方のお役に立てれば幸いです。

2016年2月23日追記
kenjis様より日本語ユーザガイドのURLをコメント頂きました。
現在翻訳中とのことです。ありがとうございます。

日本語ユーザガイド
http://codeigniter-jp.github.io/user_guide_src_ja/

CodeIgniterとは

PHP言語のフレームワークです。

フレームワークとはよく使う処理のお道具箱みたいなもので、フレームワークを使うことによりプログラムの開発効率を上げることができます。

CodeIgniterの読み方

ウィキペディアによると、「コードイグナイター」と読むそうです。なるほど。

CodeIgniter 3の動作要件

CodeIgniter 3を動作させるにはPHP version 5.4 以上が必要です。

以下のデータベース(バージョン)に対応しています。

  • MySQL (5.1+) via the mysql (deprecated), mysqli and pdo drivers
  • Oracle via the oci8 and pdo drivers
  • PostgreSQL via the postgre and pdo drivers
  • MS SQL via the mssql, sqlsrv (version 2005 and above only) and pdo drivers
  • SQLite via the sqlite (version 2), sqlite3 (version 3) and pdo drivers
  • CUBRID via the cubrid and pdo drivers
  • Interbase/Firebird via the ibase and pdo drivers
  • ODBC via the odbc and pdo drivers (you should know that ODBC is actually an abstraction layer)

参照
http://www.codeigniter.com/user_guide/general/requirements.html

CodeIgniter 3のライセンス

MITライセンスです。

The MIT License (MIT)

参照
http://www.codeigniter.com/user_guide/license.html

ちなみに、CodeIgniter 3.0からMITライセンスになったようで、2.xまでは独自のCodeIgniterライセンスというライセンスを採用していたようです。

 

CodeIgniter 3のインストール

CodeIgniterのダウンロード

CodeIgniterの公式サイトからダウンロードしましょう!執筆時、Version 3.0.4が最新バージョンでした。

https://codeigniter.com/

キャプチャ.JPG
公式サイトトップページのDownloadからCodeIgniter Version 3をダウンロード

アーカイブを展開

ダウンロードしたアーカイブを展開します。

ファイルをアップロード

「展開したファイルをサーバ上にアップロードします。」とサラッとCodeIgniterの公式に書いてあるのですが、以下の画面キャプチャで選択してあるファイルだけで問題ないかと思います。

キャプチャ.JPG
application sysytem index.php license.txt のみのアップロードで大丈夫っぽい

CodeIgniter 3の設定

基本設定ファイル(config.php)を編集する

application/config/config.php

を開き”base_url”の設定をします。

$config[‘base_url’] = ‘http://example.com/’;

基本設定ファイル(config.php)を忘れずにサーバにアップロードしましょう!

とりあえず表示確認してみよう

ブラウザで、サイトを表示してみましょう!以下のように表示されていれば設置成功です。

無題.png

データベース設定ファイル(database.php)を編集する

設置が確認できたら更に設定を行っていきます。データベース使わない場合などはこの項目の作業は不要かと思います。

application/config/database.php

を開き以下を変更します。

全ての設定が必要というわけではなく、必要な部分だけ設定します。

設定する主な項目

hostname: データベースサーバのホスト名
username: データベースのユーザ名
password: データベースのパスワード
database: データベース名
dbdriver:データベースのタイプ(mysqli(MySQLの場合), postgre(PostgreSQLの場合))

参考
http://www.codeigniter.com/user_guide/database/configuration.html

.htaccess を設定する

CodeIgniterの初期設定では、以下のように index.php が含まれたURL構造になってしまいます。

これを回避するために.htaccessファイルを作成して以下のように記述します。

作成した.htaccessファイルは忘れずにサーバにアップロードしましょう。license.txtと同じ位置に置くと良いでしょう!

参考
http://www.codeigniter.com/user_guide/general/urls.html#removing-the-index-php-file

感想

いろんなフレームワークがありますが、かなり簡単に設置出来るのがGood!

(2.x系は豊富だけど)日本語のドキュメントが少ないのでGoogle翻訳を駆使して理解していく必要がありそうです。