[制作者向け] WAFが正常なJavaScriptもエラーにしてしまう場合の.htaccessによる対応方法(CPIシェアードプランACE01の場合)

WordPressやconcrete5等のCMSを使うなら絶対あったほうが良いWAF

WordPressに対する不正攻撃からサーバを守ってくれるWAF(Webアプリケーションファイアウォール)。

CPIのレンタルサーバ シェアードプランACE01にはWAFが標準装備されていて、クロスサイト・スクリプティングやSQLインジェクション等のサイバー攻撃を未然に防いでくれます。

詳しくはCPIの以下のページに分かりやすい解説が載っています。

https://www.cpi.ad.jp/shared/detail/waf.html

CPIは、ジェイピー・セキュア社のSiteGuard Liteを導入しているようですね。

WAFがある安心感は非常に大きく、利用しないのはもったいない!というかWAFが使えるなら絶対に使ったほうが良い機能です。

しかしながら、WAFがしっかりと動作しすぎるために、サイト構築時に悪意のないJavaScriptもエラーになるケースも割りと多かったりします。

GoogleAnalyticsのコードをconcrete5の管理画面にペーストして保存しようとすると以下のようなエラーになり上手く保存が出来ないことも。

WAF(SITEGUARD)エラー

.htaccessでWAFの設定を変更・無効にできる

そんなときに私は、JavaScriptを貼り付けて保存する間だけ.htaccessを使ってWAFを無効化しています。

手順とは言いながら、.htaccessに以下の一行を付け加えるだけです。

これで、WAFを無効に出来ます。この行を削除すると有効化されます。

無効化して作業が終わったら、すぐに有効化をしましょう!

すぐに有効化をしましょう!

大事なので2回言いました。

また、ON(有効)・OFF(無効)の2択ではなくて、より柔軟にWAFの除外設定をすることも可能です。

その解説は以下のCPIスタッフブログに詳しく書かれていますのでご一読下さいませ。

知らないと怖いWebセキュリティと、CPIサーバーのWAF設定方法
http://shared-blog.kddi-web.com/webinfo/129#setting

2017年2月24日追記

あれから色々と調べていたら、以下サイトに記載されていた、IPアドレスによりWAFの除外設定をする方法がCPIでも使えました。

192.168.1.1 の部分を自分のIPアドレスに変更すると、該当IPアドレスからのアクセスの場合、WAFのフィルタリングから除外されます。

【誤検知】WAFのSiteGuard Liteで閲覧をブロックされてしまった場合の除外設定の方法
http://spot-web.jp/blog/2700/

 

感想

WAFがサイト構築の足かせにならないように、WAFと仲良く付き合っていきたいですね。

CPI LOVEなページを作りました

4年以上愛用しているCPIの共用レンタルサーバー ACE01について、褒めたり、愛のこもった文句を言うページを作りました。CPIサーバをご検討されている方は、もし良ければこちらもご覧ください。




コメントを残す