concrete5 を Version5.7 から Version8 (8.1.0) にバージョンアップする方法とエラー時の対応方法

concrete5 version 8.1.0がリリースされています。

日本時間の1月25日にconcrete5のバージョン8.1.0がリリースされました。

そろそろバージョン8が安定してきたかなぁと様子を伺いつつ、アップデートを行いました。

今回、私が行ったアップグレード方法をご紹介します。

基本、以下のURLで紹介されていた英文をGoogle翻訳を掛けつつ進めました。

間違っている操作があれば教えて下さいませ。

Upgrading concrete5
https://documentation.concrete5.org/developers/installation/upgrading-concrete5

Version8.1.0へのアップデート手順

以下の手順でアップデートを行いました。

5.7系のconcrete5を利用している想定で話を進めます。

  1. 5.7系の最新バージョン(5.7.13)にアップデート
  2. 8.1.0をダウンロードして解凍
  3. 必要なファイルをアップロード
  4. 管理画面からアップデート
  5. つまづいたことと対応方法まとめ

Version8へアップデートしよう

1. 5.7系の最新バージョン(5.7.13)にアップデート

管理画面にログイン後、システムのバージョンアップを実行します。
この操作の前にバックアップはとっておきましょう!

以下の画面からアップデート操作を行います。

管理画面から【システムと設定】→【バックアップとリストア】→【concrete5をアップグレード】

画面のアナウンスに従って5.7.13にアップデートしていきます。

5.7.5.13へアップグレード

ダウンロードボタンをクリックして自動でダウンロードします。

(もしこのダウンロードボタンをクリックしてもエラーになる場合、手順2,3のように5.7.5.13を手動アップデートします。)

5.7.5.13へアップグレード

その後、更新をインストールをクリックしてバージョンアップを行います。

5.7.5.13へアップグレードが完了しました。

問題なく5.7.13にアップデートできました。

2. 8.1.0をダウンロードして解凍

次に、concrete5 Ver.8.1.0を公式サイトからダウンロードします。

concrete5 ダウンロード
https://concrete5-japan.org/about/download/

ダウンロードしたら解凍しましょう。

3. 必要なファイルをアップロード

解凍したファイルの中から、concreteディレクトリのみを残してそれ以外を削除します。

concreteディレクトリのみを残してそれ以外は全て削除

concreteディレクトリが格納された、concrete5-8.1.0ディレクトリを、updatesディレクトリにアップします。

updatesディレクトリに格納concrete5-8.1.0ディレクトリをupdatesディレクトリにアップロード

4. 管理画面からアップデート

アップロードが完了したら、以下の画面からアップデート操作を行います。

管理画面から【システムと設定】→【バックアップとリストア】→【concrete5をアップグレード】

画面のアナウンスに従って、8.1.0をインストールしていきます。

version8.1へアップグレード

更新をインストールをクリックします。

version8.1へアップグレードが完了しました。

これでVersion8.1へのアップデートは完了しました。

5.つまづいたことと対応まとめ

アップデートをしていると上手く行かないことがありました。

以下にエラーと対処方法を列挙します。

予期せぬエラーが発生しました。実行時間オーバーエラー

Maximum execution time of 30 seconds exceeded

上記のエラーが出た場合は、php.iniの設定を見直します。

php.ini の以下のパラメータを長く(120秒位?)設定します。

max_execution_time = 120

実行時間オーバーエラーが出て以降、エラーでインストールが進まない。

php.iniの設定をしたのに、エラーで動かない場合、concrete.phpファイルを設定してあげます。

\concrete\config\concrete.php

上記をコピーして以下のディレクトリに貼り付ける。

\application\config\

その後以下のパラメータ(170行目あたり)をtrueに変更してアップロードする。

※ アップデートが無事に終わったら上記をfalseに戻しておきましょう!

まとめ

スムーズに進めばすんなりとアップデートが完了するはずですが、躓いたら色々と調べる事になります!頑張りましょう!

また、これからはconcrete5のバージョン8が主流になっていくと思うので、影響が小さそうなサイトからアップデートを試し、ノウハウを蓄積してから大きめなサイトのアップデートをすることがおすすめです。

健闘を祈ります!



コメントを残す