Photoshopのカラー選択画面がWindowのカラーピッカーに変更されていた

【Adobe Photoshop CC 2017】カラーピッカーが壊れた・おかしい!いつもと違う!Windows標準のカラーピッカーだ!という時の解決方法

突然Photoshopのカラーピッカーが壊れた!?
何をやってもWindows標準のカラーピッカーが表示される!!

なぜだ!Photoshopのカラーピッカー(色を選択する画面)が突然、壊れた!

なぜかWindows標準のカラーピッカーになってる!ワークスペースを変更しても駄目で、再起動しても駄目。

検索しても出てこなかった(検索ワードが思いつかなかった)のでメモ。

環境設定をいつの間にか触っていたのが原因でした。(情けない)

表示されたWindowsのカラーピッカー

Window標準のカラーピッカー

WordとかExcelでたまに見るようなやつ。いつの間にこんな設定になったんや!記憶にない(泣)

16進数のRGBが表示されないし、作業が進まぬ。

【解決策】環境設定を確認・変更しよう

この問題を解決するには、環境設定を確認します。

メニューバー > 編集 > 環境設定 > 一般 を選択して環境設定ウィンドウを開きます。

環境設定

環境設定ウィンドウの【カラーピッカー】という項目が「Windows」になっていました!いつの間に!!!

これを選択して「Adobe」に変更するだけです。

 

環境設定

これでカラーピッカーがWindows標準の味気ないカラーピッカーから、Adobeのカラーピッカーに戻りました。

やったー!

Adobe カラーピッカー

まとめ

ワークスペースの変更やらPhotoshopの再起動など色々試して時間を浪費してしまいました。意外とすんなり解決してスッキリ。

きっと他の設定をした時に気づかずに変更してしまったのだと思います。

勉強になりました。



コメントを残す