【macOS】hostsファイルの場所と編集方法、書き換え方法

最近は仕事柄めっきりWindowsマシンを触ることはなくなりました。

そのかわりに触っているのがMacBookPro(macOS Mojave)。

以前、Windowsのhostsファイルの場所が覚えられなくて記事にしたんだけど、改めてmacOSでのhostsファイルの場所をメモっておきます。

Windowsユーザの方はこちらの記事をどうぞ。

hostsファイルの読み方とかは上記記事を参照ください。

macOSのhostsファイルの場所

以下のパスにhostsファイルが存在しています。

※ macOS Mojaveで確認しましたが、他のバージョンでも同じパスに存在すると思います。(違ってたら指摘ください。)

macOSでhostsファイルの場所を開いて編集する方法

macOSだとFinderにフォーカスがあった状態で【Command】+【G】を押す。

Finderにフォーカスされた状態
こうなった状態でキーボード操作

すると、以下のようなウィンドウが立ち上がるので、そこに先程のhostsファイルの場所

/private/etc/

を入力する。

フォルダへ移動ウィンドウ

移動ボタンを押すことで、hostsファイルのあるフォルダが開く。

hostsファイルを探す

その中からhostsファイルを見つけて開こう。

hostsファイル

hostsファイルの書き換え方

以下のように編集します。

記述形式

記述例

コメント

先頭に#を入れることでコメントも使える。

まとめ

アプリで編集する方法とかも色々試したけど、直接編集したほうが個人的には色々楽だったので、直接hostsファイルを編集する方法をメモりました。

よし、これでmacOSのhostsファイルの編集方法覚えたぞ。

 

全然関係ないけど、iPadが欲しい。



【Windows】hostsファイルとは、hostsファイルの場所、hostsファイルの編集・書き換え方法

hostsファイルとは

hostsファイル ・・・ ホスツファイルと読む。

DNSより先に参照されるIPアドレスとドメイン名の一覧のこと。ただのテキストファイル。

ここにIPアドレスとドメイン名を対にして記載しておくことにより、DNSが応答しないときや、Webサイトを新サーバで構築する時などに活用できる。

hostsファイルの場所一覧(Windowsの場合)

WindowsのhostsファイルはOS毎に違うのかな。と思って一覧にしたけど同じっぽい。(Windows 10以外はネットで調べました)

Macユーザの方はこちらの記事をどうぞ。[2019年7月17日追記]

●Windows 10のhostsファイル

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

●Windows 8 / Windows 8.1のhostsファイル

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

●Windows 7のhostsファイル

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

●Windows Vistaのhostsファイル

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

hostsファイルの書き方

hostsファイルをメモ帳やエディタで開き、末尾や任意の行に以下の形式でIPアドレスとホスト名の対応を記述する。

記述形式

記述例

先頭に#を入れることでコメントも使える。

補足・注意事項

hostsファイルを編集するには管理者権限が必要。

メモ帳を開く際に、【メモ帳アイコンを右クリック→管理者として実行】をしてからhostsファイルを開くと編集出来る。

詳しくはMicrosoftのナレッジベースに記載されている。

Windows Vista で Hosts ファイルや Lmhosts ファイルを変更できない
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/923947

Windows 10でも似たようなもんです。

書き換えてから再起動が必要になる場合もある。という記述をウェブ上にチラホラ見かけたけど、Windows 10では再起動の必要はなさそう(実体験)。

DNSより先に参照されることを忘れずに。

DNSよりも先に参照されるので、DNSの設定を変えたのに、古いサーバから新しいサーバに参照先が変わってくれない!ということが起きることもあるかと。

気をつけよう。

まとめ

hostsファイルは慎重に扱いましょう。

普段あまりhostsファイル弄らないんだけど、皆弄ること多いのかな?